2017年11月23日

発表!小学算数の割合で国語も学ぶことも出来る「比べる量」を見抜く方法!


最近の小学生指導での報告も兼ねて発信!

割合の公式
割合=比べる量÷もとにする量


http://logic-math-quest.seesaa.net/article/455062151.html
この記事で
「割合=比べる量÷もとにする量」
の公式を
「どっちをどっちで割るんだっけ?」
とならずに済む覚え方を提案しました!

この話を小学生にした後で、次なる悩みにぶつかりました!

「16Lは80Lのどれだけの割合か?」
「9kgは2kgのどれだけの割合か?」
「21cmは84cmのどれだけの割合か?」
「24個は50個のどれだけの割合か?」

こういう文章問題を見て

「16Lと80Lのどっちが比べる量でどっちがもとにする量なの?」
「9kgと2kgのどっちが比べる量でどっちがもとにする量なの?」
「21cmと84cmのどっちが比べる量でどっちがもとにする量なの?」
「24個と50個のどっちが比べる量でどっちがもとにする量なの?」

と悩んでいたのです。

割合をやる人は必ずと言っていいほど悩んだ事だと思います。
この悩みに対して国語にもワープをさせて解決することができました♪

算数で割合分野をやっているのに国語も学べるなんてかなりお得じゃありませんか?

割合を教える立場の人(学校や塾の先生や小学生の子供を持つ親など)がいる人は今回、僕がやった方法で指導すると小学生にお得感を与えられます♪

国語力も身に付いて「比べる量」と「もとにする量」の見極め方を今回はお話します!


スポンサード・リンク



僕の指導時に教え子のノートを写真に撮ったのでそれを披露♪

20171121_Wariai_KuraberuryouMinukikata.jpg

ツイッターでも発信しておりました♪
ツイッター
https://twitter.com/CollaboHunter

https://twitter.com/CollaboHunter/status/932984004990582784
23:48 - 2017年11月21日

本日の算数指導記録です🎵
小学校算数の割合対策に使えます☆
割合で悩む小学生に共通しているのは、文章から「比べる量」と「もとにする量」の区別を付けられないのがあると思います。
その解決方法が書いてあります🎵


この写真で書いていることを解説!

問題文
「16Lと80Lのどっちが比べる量でどっちがもとにする量なの?」
「9kgと2kgのどっちが比べる量でどっちがもとにする量なの?」
「21cmと84cmのどっちが比べる量でどっちがもとにする量なの?」
「24個と50個のどっちが比べる量でどっちがもとにする量なの?」

色でわかりやすく分けます!
比べる量
もとにする量

16L80Lのどれだけの割合か?」
9kg2kgのどれだけの割合か?」
21cm84cmのどれだけの割合か?」
24個50個のどれだけの割合か?」

こうやって色分けをします!
ここで僕は小学生にこんな事を聞きました。

「比べる量にある共通点があるけど、何がわかる?」

いわゆるシンキングタイムというのを数分設けます!
さりげなく、
「文章がポイント」
とか自分が思いついたヒントを与えます!

「わからない!」
という反応が出たので、そこで僕は言いました!

スポンサード・リンク



「比べる量をよぉく見てごらん!
全部、
『〇〇は』
ってなっているでしょ?」

ここから最初にも話したように国語の話に入ります!

「『〇〇は』ってのは、これ国語で言うと『主語』なんだよ!
ところで、
『主語ってどういうもの?』
と聞かれたらなんて答える?」

そしたら、僕の教えている小学生は

「『僕は食べる』

『僕は』
とか、
『私は走る』

『私は』
とかかな?」

と答えてくれました!

ここまでブログを書いてて、

「あっ、そう言えば主語の定義について、
現代文ブログで書いていなかった!」

ということに気づいて、一回このブログ編集から離れて、書き上げました!(笑)

主語の定義はこちらで♪
http://fanblogs.jp/logicgenbungoku/archive/239/0

ブログを書いてて、一回途中で書くのをやめて別ブログの記事を書く!
考えてみたら今回が初めてかもしれません!(笑)

主語の定義をこのタイミングで教えるのです!

「主語の定義は『誰何はが』!

16Lは
9kgは
21cmは
24個は

ほらっ、全部に『は』がくっついているでしょ?」

スポンサード・リンク


この話をしたら、

「『が』の場合もあるんですか?」

そう聞かれて、別の文章問題に
『が』
が使われている事例も見せました!

主語の定義をみっちり教えてからこう言います!

「比べる量ってのは全部『主語』なんだよ!」

比べる量=〇〇は・が
もとにする量=□□のどれだけの割合

もとにする量は比べる量さえわかれば消去法でわかるので、
そんなに力を入れなくて大丈夫だと思います♪
まぁ、念の為に僕の方は少しだけ説明しましたけど。

「比べる量=主語」と見抜く事さえできればあとはスピード解決です♪

スポンサード・リンク


そんな訳で
「比べる量=主語」
というので教えれば、
国語も算数も同時に学べるので、
かなりお得
だと思います。

興味が湧いた方は是非ともお試しあれ♪



※他ブログ、mixiからこの記事を読みに来た方限定のメッセージ
アメブロ
https://ameblo.jp/logicreator/entry-12332082072.html
知ってほしいブログ
http://fanblogs.jp/logic-collabo/archive/1542/0
mixi
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1963887437&owner_id=9360286
の記事からわざわざクリックまでして読んで下さり、ありがとうございました!














posted by logic@サプライズ家庭教師 at 20:36| Comment(0) | 小学校算数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください