2017年05月31日

発見!数学「論理と集合」の生きた事例がドラゴンボールの兎人参化の話の中にありました!


※2017年12月9日、更新


最近、携帯電話シャップに足を運んで
「論理と集合」
の生きた事例を発見した
という話をしました♪
http://logic-math-quest.seesaa.net/article/450408177.html

これに加えて
「論理と集合」
に関係する話が
ドラゴンボールを読んでて
発見しました。

該当コミック



ここで触った者を人参にしてしまう
特殊能力を持つ敵
兎人参化とにんじんか
が出てきます!

DragonBall2_BurumaNinjinka.jpg

ブルマは兎人参化とにんじんかの手に触れて
人参とされてしまいました。

DragonBall2_GokuToninjinka.jpg

悟空が兎人参化とにんじんか
立ち向かおうとします。
しかし、


ほう
私に向かってくるんですか?
いいですよ
私に触れれば
あなたも
人参になるんですから


と言われて、
どうしたらいいか?
と悩みます。

DragonBall2_UronIdea.jpg

悩む悟空に


そうだ悟空!!
その棒を使え!
あいつに触らんですむぞっ!!


とウーロンがアドバイスをして、
反撃に出る悟空!

この兎人参化とにんじんかとの闘いの中に
数学の「論理と集合」要素があります。

それは・・・


スポンサード・リンク



兎人参化とにんじんかの言葉を
もう一度引っ張ってきます!


ほう
私に向かってくるんですか?
いいですよ
私に触れれば
あなたも
人参になるんですから


悩む悟空に適切なアドバイスをしたウーロンの言葉を
もう一度引っ張ってきます。


そうだ悟空!!
その棒を使え!
あいつに触らんですむぞっ!!


ここから「論理と集合」の話いきます!

「論理と集合」の問題を引っ張ってきます♪

・x+y=2ならば「x≦1またはy≦1」
・「a≠3またはb≠1」ならば「a-b≠2またはa+b≠4」
・x+y>aならば「x>a-またはy>b」
・xについての方程式ax+b=0がただ1つの解をもつならばa≠0



ほう
私に向かってくるんですか?
いいですよ
私に触れれば
あなたも
人参になるんですから


兎人参化の言葉を数学の文章っぽくしてみます!

私に触れるならばあなたも人参になる


そうだ悟空!!
その棒を使え!
あいつに触らんですむぞっ!!


ウーロンが何故、この解決策が閃いたか?

私に触れるならばあなたも人参になる

そういう論理ならば、

私に触れないならばあなたも人参にならない

という事に気づいたから!
だから、と人参化に触れなくて済む如意棒を
使えば解決!

このウーロンの論理思考は数学「論理と集合」で

にあたります!


命題
p⇒q ( p ならば q )

これの裏をやると

~p⇒~q ( p ならば q )

となります!
pもqも両方否定するのが
裏になるのです!

この説明だけだど、
「pもqも両方否定?
どういうこっちゃ?」
と思う人もいると思います。

それなので、具体例をあげてみます!

「勉強がすんだらスイカをもらえる」
p=勉強がすむ → 否定(~p)→ 勉強がすまない
q=スイカをもらえる → 否定(~q)→ スイカをもらえない
ここから裏は
「勉強がすまないならばスイカがもらえない」
となります!

「入院したら保険金支払いあり」
p=入院する → 否定(~p)→ 入院していない
q=保険金の支払いあり → 否定(~q)→ 保険金の支払いなし
ここから裏は
「入院していないならば保険金の支払いなし
となります!

参考サイト
http://www.geisya.or.jp/~mwm48961/kou3/gyaku.htm

兎人参化の言葉
「私に触れるならばあなたも人参になる」
p=私に触れる ―否定(~p)→ 私に触れない
q=あなたも人参になる ―否定(~q)→ あなたも人参にならない
この裏は
「私に触れないならばあなたも人参にならない」
となります!

ウーロンは見事に数学の裏を
無意識にやっていたのです☆

スポンサード・リンク



たまたまドラゴンボールを読み返してて、
「あらまぁ、このウーロンって
数学の裏をやっているじゃん!
ウーロン、何気に頭いいじゃん!」
と感銘させられたのです☆

この気づきを得たら

「数学ってもっと意識したら、
結構日常に転がっているんだなぁ!
数学って勉強する価値があるね♪」

と思う自分がそこにいました♪

かつての自分と同じように

「数学なんて勉強したって意味がない!」
「数学を勉強して何の役に立つの?
「数学って何がいいんだよ?」

と思っている人がこれを読んで、
少しでも考えが変わってくれたらと思いつつ、
話を終えます。



※他ブログ、mixiからこの記事を読みに来た方限定のメッセージ
アメブロ
https://ameblo.jp/logicreator/entry-12334337838.html
知ってほしいブログ
http://fanblogs.jp/logic-collabo/archive/1566/0
アニコミブログ
http://logic-anicomi-quest.cafeblog.jp/archives/5542499.html
mixi
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1964024193&owner_id=9360286
の記事からわざわざクリックまでして読んで下さり、ありがとうございました!














posted by logic@サプライズ家庭教師 at 22:15| Comment(0) | 数学1(論理と集合) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください